SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ゴニン デ イッシュ





        互いの読みを持ち寄ることで、
        歌の味わいが変わっていく(かも)。
        毎月ある短歌1首について5人が鑑賞文を書く、
        「山羊の木」の期間限定企画です。
<< 【第1回(あさがお)】 我妻俊樹 | main | 【第2回(卵)】本田瑞穂 >>
「ゴニン デ イッシュ」第1回(2009年8月)
0


    今月の5人
    我妻俊樹――「ほどの」をここに置くことのできる存在
    石川美南――ほどほどの出会い
    川野里子――薬剤師の後ろ姿
    チェンジアッパー――おだやかな空気感
    松澤俊二――表現レベルでの執念



    第1回の短歌は、吉川宏志さんの第1歌集『青蝉』巻頭の1首です。さわやかな歌ですが、上の句は解釈が分かれるのでは?と思い、あえて選んでみました(結果は……5人の鑑賞文を読み比べてみてください)。

    今回お願いしたのは、斉藤斎藤さんのそのつど誌「風通し」でご一緒して以来すっかりファンになってしまった我妻俊樹さん、『幻想の重量―葛原妙子の戦後短歌』を上梓されたばかりの、尊敬する川野里子さん、毎日歌壇やNHK短歌へ投稿中、石川が注目する高校1年生歌人チェンジアッパーさん、同人誌「pool」の仲間で、近代短歌の研究者としても活躍する松澤俊二さん(50音順)。1回目なので、石川も参加させていただきました。



    「ゴニン デ イッシュ」とは
    | 第1回(あさがお) | 00:08 | - | - | - | - |