SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ゴニン デ イッシュ





        互いの読みを持ち寄ることで、
        歌の味わいが変わっていく(かも)。
        毎月ある短歌1首について5人が鑑賞文を書く、
        「山羊の木」の期間限定企画です。
<< 【第4回(罪)】高島裕 | main | 【第5回(公務)】吉川宏志 >>
「ゴニン デ イッシュ」第4回(2010年1月)
0


    今月の5人
    高島裕――この時代を生き抜こうとする意志
    谷村はるか――罪もまた賜わり物
    東郷雄二――馬場が引き受けようとしている宿命とは
    服部真里子――少女は息をのみ、うなずく
    虫武一俊――月も闇をそばに抱えている



    またまた更新が遅くなってしまいました。第4回の短歌は、馬場あき子『桜花伝承』から。これまでの歌とは別の意味で「ムズカシイ」一首かもしれませんが、5人の方の鑑賞文で、その魅力が読み解かれていきます。

    今回お願いしたのは、富山から静謐な個人誌「文机」を発信、[sai]の同人でもある高島裕さん、昨年出版された歌集『ドームの骨の隙間の空に』が話題の谷村はるかさん、ハイクオリティな短歌評でお馴染みの東郷雄二先生、俊英揃いの早稲田短歌会の中でもひときわ個性の光る服部真里子さん、各種投稿欄で活躍中、やさぐれポップな作風が魅力の虫武一俊さん(50音順)です。



    「ゴニン デ イッシュ」とは



    関連ページ
    東郷雄二さん「橄欖追放」短歌における読みについて
    岡本雅哉さん「ロクニン デ イッショ♪」第4回
    | 第4回(罪) | 04:51 | - | - | - | - |