SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ゴニン デ イッシュ





        互いの読みを持ち寄ることで、
        歌の味わいが変わっていく(かも)。
        毎月ある短歌1首について5人が鑑賞文を書く、
        「山羊の木」の期間限定企画です。
<< 【第5回(公務)】今橋愛 | main | 【第6回(逆)】松村正直 >>
「ゴニン デ イッシュ」第5回(2010年3月)
0
    ゴニンデイッシュ第5回


    今月の5人
    今橋愛――わたしも冬の星を知っている。
    島なおみ――言葉の意味の連関を少しずつずらしてゆく喩法
    高柳克弘――ともに傷を負う存在としての共鳴
    山田航――つまらないものが、きらきら輝きを放ち始める
    吉川宏志――引き算のかたちで見えてくる「私」



    第5回の短歌は、笹井宏之「公務」(「歌壇」2009年2月号)から。笹井さんが亡くなってもう1年ですが、まだまだ語り合うことは残されています。
    遺歌集も切に待たれますね。

    今回お願いしたのは、[sai]、セクシャルイーティング、その他いろいろでお世話になっている大好きな今橋愛さん、短歌の世界に刺激的な話題を提供し続けている、短歌結社「弦」の島なおみさん、俳句結社「鷹」の編集長、昨年第一句集『未踏』を上梓された高柳克弘さん、昨年短歌研究評論賞と角川短歌賞をダブル受賞された山田航さん(次号から「pool」正式加入です!)、そして、美しい歌と誠実な論考で短歌界を牽引する吉川宏志さん(50音順)です。



    「ゴニン デ イッシュ」とは
    | 第5回(公務) | 15:19 | - | - | - | - |